飼育レポート



ヨーロッパミヤマ×上質発酵マット

1♀からワンセットで幼虫90頭を回収!


[産卵セットのデータ]


親虫   : ヨーロッパミヤマ(Lucanus cervus cervus)
南仏産ワイルド ♂65mm、♀40mm 
産卵用素材: 上質発酵マット
・ハイパーカワラ材L14SE×2本
容器   : 蓋付きコンテナ(小型の衣装ケース)
※横幅35cm×奥行25cm×高さ22cm
セット方法: 1)「上質発酵マット」を約15L使用。下層のマット(底から5cmほど)は強く押し固める。
2)樹皮をはがした「
ハイパーカワラ材」を2本設置。周りを上質発酵マットで埋める。材は完全にマットに埋め込んだ状態。
3)容器の8割り程度をマットで埋め、表面に転倒防止用の木切れを置いてセット完了。
セット期間: 2006年7月11日〜11月15日
※雌雄を同居させた状態で最後まで飼育。セットはこの1回のみ
結果   : 2006年11月15日回収
3令×56、2令×32、1令×2 = 
計90頭
備考: セット期間が長かった(というより、産卵を確認後、セットしたままにしてあった)ため、半数以上が終令になっていたが、「共食い」による死亡個体はほとんど見られなかった。また、初令幼虫の数は多くなく、この90頭の産卵時期は大きな開きがないものと考えられた。
幼虫は、そのほとんどをマット中より回収。一部、ハイパーカワラ材に食い込んだ幼虫が見られたが、材に産卵されたのではなく、回収時の様子からマット中より進入した様子であった。
※ミヤマはマット産みのため、材には通常、直接産卵はしないと思われる。




[産卵セットからの幼虫回収]




セットに使用した容器

小型の衣装ケースを使用しました。
ケースの大きさは、35cm×25cm×22cm。
特大プラケより、さらに一回り大きな感じです。

7月11日にセットし、その後、
親虫が生きている間、
1週間に1回程度ゼリー交換をするだけで、
回収時までそのまま管理。

そろそろ寒くなってきたので、
幼虫を回収することにしました。








回収:2006.11.15
(産卵セットの中身をひっくり返したところ)

まるまるとした幼虫が、マットからごろごろごろ。。。
まるで、カブト幼虫の回収時のようです。(^^;

自社商品ながら、ケースをひっくり返してみるまで、
まさかこんなにたくさんいるとは思いませんでした。







カワラ材に食い込んだ終令幼虫

一部の幼虫は、マットに埋め込んであった
「ハイパーカワラ材」に入っていました。
ただし、材の中で生まれたのではなく、
後から材に進入したようです。










回収した幼虫たち

取り出した幼虫を数えてみると、
なんと合計90頭


写真をクリックすると
拡大画像を見ることができます。



ヨーロッパミヤマの産卵はそう難しくありませんが、
これほど産む(のがいる)とは思いませんでした。
1頭の♀が1回のセットで産んだ数としては、
当方での
新記録となりました。

1回の数としては、オオクワなど材産み系のクワガタでは
あまり考えられない数字です。
ミヤマはやはりカブトに近いのかも。。。

しかし、あの小さな体のどこに、
これほどの数を産むことができる
能力が備わっているのでしょうか。( ̄□ ̄;)



ほか、マットをひっくり返したときに材で
圧迫して落としてしまったものなど、
このほかに4頭の幼虫がいました。




とうことで、

ヨーロッパミヤマの産卵には、

ぜひ

上質発酵マット

をお試しください

m(_ _)m





【備考】

上記のほか、同時期にセットした他の個体では、
次のような結果が出ています。



ヨーロッパミヤマ(Lucanus cervus cervus)

●セット:2006年7月11日〜
※上質発酵マット+ハイパーカワラ材L14×1本
●回収 :2006年9月23日
●結果 :2令×30、1令×4
     
合計34頭

●セット:2006年7月11日〜
※上質発酵マット+ハイパーレイシ材S×3本
●回収 :2006年12月11日
●結果 :3令×38、2令×9
     
合計47頭



12月というのに、
常温でも元気いっぱいのケルブス幼虫

逃がしたら大ごとです。
産卵済みマットも安易に野外には捨てないなど、
管理には十分な注意が必要です。



このセットの例では、「ハイパーレイシ材S」を
3本埋め込んでいましたが、
ほとんど食べられてしまっており、
回収時には材が残っていませんでした。

 




【その他】

タランドゥス、レギウスの初令幼虫管理用にも
好成績をあげています。




孵化直後に「上質発酵マット」に移し、
半月ほど経過したレギウス初令幼虫。
初令中期程度まで成長し、
マットを体内に十分取り込んでいます。

ここまで育ったものであれば、
カワラ菌糸瓶に入れることで、
その後、順調に育ってくれます。





「上質発酵マット」紹介ページへ

  

「ヨーロッパミヤマ×上質発酵マット」
2006.12.11作成

TOP PAGE